8歳の子どもとサッカー

子どもたちのサッカーの試合。たぶん8歳。

自分の膝下ぐらいまである大きさのボールを、小さな足で上手に操ります。

ちゃんと自分のポジションでプレーし、一つのボールに群がる、いわゆる「団子サッカー」になることはありません。

右から来たボールを左へ展開し、前から相手がボールを奪いにきたら、後ろへもどすことも知っています。

頭の中に次のプレーがインプットされているのでしょうか、規則的なボールの流れをつくりだす、子どもたちのプレーに関心させられます。

そんな子どもたちの試合を観ながら、気づいたこと、一つ。

どんな状況でも、サイドから攻撃をしようとします。中央にできた、ゴールへの最短距離の道があってもです。そして、サイドへ展開したプレーを、ナイスプレーと認める約束がありそうです。

このことは、1回や2回だけのことではありませんでした。

そしてもう一つ、気づいたこと。

子どもたちのプレーには失敗が少ないです。もう少し言わせてもらえば、子どもらしい失敗が見当たりません。もっと言わせてもらえば、失敗が許されていないのかもしれないです。

一生懸命のプレーを静観する、大人の姿に寂しさを感じたのは僕だけでしょうか。

8歳の子どもとサッカー。

幼い子どもたちの指導は、規則に縛られない広場サッカーの延長であるべきか、それともコーチがイメージするサッカーであるべきなのか。

ドイツ、オランダ、ベルギー。

過去、選手育成に全盛を極めたヨーロッパ列強の国々の「今」はどうであるのか。

いつの時代も土台を築くのは、子どもたちです。

関連記事